スポンサーリンク

宮崎市に移住して1年たった私が宮崎移住をオススメする理由

宮崎市に移住して1年、宮崎移住をオススメする理由

宮崎市に移住して1年が経ちました♪お陰様で自分のイメージするライフスタイルを宮崎で実現出来ています。改めて移住先に宮崎を選んで良かったと感じています。今回は移住経験者として宮崎移住をオススメする理由をまとめてみました。宮崎移住を考えている方は参考にしてください♪

スポンサーリンク

宮崎市ってざっくりこんな所さ~♪

まずは宮崎市について紹介するよ!!
宮崎県の南東部に位置し、人口は399709人(2018年)で宮崎県内では1番人口の多い場所です。県庁所在地なので宮崎県の中心都市になります。

そして宮崎が誇るご当地グルメと言えば、地鶏、日向夏、マンゴー、宮崎牛、チキン南蛮、肉巻きおにぎり、釜揚げうどん、レタス巻き、伊勢海老などが有名です。

宮崎市は温暖な気候ゆえプロ野球やサッカーのキャンプ地になっていたり、サーフィンをはじめ豊かな自然と触れ合えるのも魅力のひとつですね。

スポンサーリンク

宮崎に移住して1年、実際に感じた宮崎移住のオススメポイント

ポイントその1『1年を通して過ごしやすい宮崎の温暖な気候』

「日本のひなた宮崎県」というキャッチフレーズを宮崎県が率先してアピールしている通り、1年を通して温暖な気候でとても過ごしやすいです。年平均気温は18℃前後で日照時間、快晴日数はトップクラス!!その分日差しも強いです。そして年間降水量が実は多いです。降水量が多いからこそ豊かな自然が溢れているんでしょうね。

日中の日差しが強くなる季節です。また、宮崎市内にはいたるところに杉が植えてあります。花粉症持ちのミヤ吉は、来た当初はやばそうと身構えていたけど実際には過去1番楽な春でした。

ひどい症状だったのは2週間だけであとは普通に暮らせました。なぜかわからないけど花粉症が軽かったです。(まだ1年目なので来年以降はわからない。)東京とか大都市のほうが花粉が街に滞留しやすく花粉症被害も大きい様な気がします。

梅雨の時期は梅雨前線と台風で雨が多かったけど、酷くジメジメしているという印象はなかったです。梅雨明け後は容赦なく紫外線が降り注いできますよ。真夏は夜8時ぐらいまで明るいので仕事後でもアクティブに過ごせます。

秋と言っても11月中旬ぐらいまで暖かく半袖で過ごせました。台風シーズンなので降水量が多くなります。東京に住んでいた時よりも勢力を保ったまま台風が来るので、というか直撃したりするので慣れてない方はびっくりすると思います。

宮崎に移住するなら台風対策は必須ですよ!!雨が続くと川の氾濫や道路の冠水被害が出ます。災害時の心構えと備えが必要です。

移住1年目の冬は1度も雪が降らなかったです。真冬も比較的温暖で過ごしやすい。本当に寒いのは1月から2後半ぐらいまでかな。2月になるとプロ野球やサッカーのキャンプ地になります。

ポイントその2『宮崎は魚、お肉、野菜などの生鮮食品がとっても美味しい♪』

宮崎は野菜、お肉、お魚など生鮮食品がとっても美味しいです。東京と違って流通距離が短いぶん、新鮮な食材が手に入りやすいのでしょうね。スーパーの品揃えを見ても地産地消が多いです。

宮崎牛は全国的にも有名でとろける美味しさです

宮崎牛は全国的にも有名でとろける美味しさです。

宮崎市でお肉屋さんを探しているなら新垣ミートに行けばいいよ♪
宮崎市でお肉屋さんを探してるなら新垣ミートに行けばいいよ。新垣ミートは牛肉、豚肉、鶏肉を用途に合わせて購入できる使い勝手の良いお肉屋さんだからね。ここなら上質の宮崎牛やスーパーでは見かけない部位が手に入ります。まさにお肉の宝石箱やぁ♪
宮崎市焼肉ランキングで上位に出てくる幸加園に行ってみた
今回は宮崎市江平にある焼肉の幸加園の食レポです。幸加園は著名人も多く訪れるという宮崎では有名な老舗焼肉店。焼肉の幸加園ではこだわりの宮崎牛が味わえます。

宮崎へ来たらぜひ食べてほしいオススメのチキン南蛮

牛肉だけでなく鶏肉も美味しい♪ 宮崎へ来たらぜひ食べてほしいオススメのチキン南蛮。甘酸っぱいタレにたっぷりのタルタルソースが絶品です♪

カレーショップHABANERA(ハバネラ)のランチは味も量も宮崎No1♪
宮崎市清武町にあるカレーショップHABANERA(ハバネラ)。カレー通を納得させる味とメニューの豊富さは宮崎トップクラスのカレーショップです。カレーが美味しいのはもちろんHABANERA(ハバネラ)のチキン南蛮はメチャ旨なので自信を持ってオススメします♪ 味もボリュームも満足出来るし、個人的には宮崎で1番美味しいと思います。

ポイントその3『日々の生活がしやすい宮崎ライフ』

物価の安さは全国トップクラス

宮崎は物価の安さでは全国上位に入ります。家賃は駐車場代込みの2LDKで6万円以下という物件がゴロゴロあります。東京なら6万円では狭い1Rしか借りれません。土地も安いので新築で一軒家を建てる移住者も多いですね。

都会で生活するより消費することが少なくなっているのは事実です。生活自体がシンプルになっていて無駄な浪費がなくなっているのも一因かもしれませんね。

宮崎は通勤が楽です♪ 平均19分なんだって

宮崎は通勤にかかる時間比較的短く平均19分と言われています。通勤時に多少の渋滞は起こりますが、都会のすし詰め状態の電車に乗るよりはるかに楽です。逆に公共交通機関が都会の様に発達していないので車がないと不便です。

宮崎のローカル電車「日南線ワンマン電車の乗り方」
今回は宮崎日南線のワンマン電車の乗り方をレポートします。ミヤ吉にとって人生初めてのワンマン電車。日南線の切符の買い方は?乗り方は?宮崎市内まで初めての電車利用をレポートします。宮崎移住の際にお役立てください。

自然が豊か!!野生の動物もたくさんいる

宮崎は山も海も自然が豊かです。ミヤ吉はサーファーなんですが、宮崎は日本トップレベルで波がいいエリアです。毎日コンスタントに波乗りすることが出来るのでライフスタイルとしてサーフィンを楽しめます。

サーフコーストみやざき/宮崎サーフキャンプガイド【宮崎県】

山遊びにも宮崎はオススメです。特に岩などを登るクライミングなどをするには最高のエリアらしいです。移住するまで知らなかったのですが、日本はもちろん世界からも多くの方が宮崎にクライミングやボルタリングしにやってくるそうです。

都井岬

あと宮崎に来てびっくりしたのが野生の動物が身近にいるということです。今までサル、タヌキ、ウサギ、イタチを見かけました。虫が多いので苦手な人は大変かも。

なんといっても空港が近い!!

ミヤ吉はIターンなので実家に帰省したり、時々海外など遠方へ行くことがあります。そのため飛行機を利用するのですが空港が宮崎市内のわりと中心部にあるので便利ですね。

宮崎空港みたいに市街地近くに空港があるのは日本でもそう多くはありません。また格安航空LCCのジェットスターが就航したのでますます利用しやすくなりした。

404 NOT FOUND | ミヤザキスタイル
ミヤザキスタイルは宮崎のオススメ情報や役に立つ情報を紹介しています♪

移住しやすい環境

県や市も積極的に移住者を受け入れる体制を取っていますし、おおらかな県民性ですし、そういった意味でも宮崎市は移住しやすい環境だと思います。そのため移住者も疎外感を感じることなく生活出来ています。

ポイントその4『宮崎の遊び』

宮崎での遊びは都会の遊びとは質が変わってきます。都会的な遊びやライフスタイルはあまりありません。元々物欲がない方ですが宮崎に来て更になくなったので無駄な買い物にも行かなくなりましたね。ですが、自然が豊かなので天気が良い日ならサーフィンしたりビーチに行ってのんびりしたりするだけでも十分楽しめます♪

https://miyazakki.com/1224

日南海岸線をドライブしながら御崎馬を見にいくのもオススメです。

宮崎屈指の癒しスポット「都井岬」の楽しみ方
宮崎県串間市の都井岬へ行ってきました。都井岬といえば御崎馬と呼ばれる野生の馬が見れる場所として有名ですね。今回は都井岬と御崎馬について見どころと楽しみ方をレポートします。

また、宮崎は車社会っていうこともあって夜外に遊びに行くことがめっきり少なくなりました。電車で気軽に行けない、終電は22時といったことから自宅にいることが増えました。

結果的に家族との時間が増えお金も使わなくなります。それでも遊びに行きたいんだって方は運転代行を使えばいいと思うよ。

スポンサーリンク

まとめ

まだまだ移住して1年の新参者なので宮崎について知らないこと、見えていないこともまだまだたくさんあります。ですが、自分がイメージするライフスタイルをここ宮崎で実現出来ています。宮崎市は移住者ウェルカムだし良い所だから移住先としてオススメしますよ♪